環境を考える

書斎部屋を作る

分譲住宅は、あらかじめ決められた土地、スペースに家を一気につくり小さな街を作り出したもとが一般的です。しかし、あらかじめ設計された物件ですから、 自分の好みにあった住宅設計では可能性が高いことに注意が必要です。だから、分譲住宅の比較サイトや分譲住宅の運営会社での事前調査が大切です。たとえば、トイレやお風呂の水回りのこの設計は許せるけども、 クローゼットの位置は譲れないといったことを念入りに押さえておけば、妥協点を少なくしていけます。ずっと住む大事な家なので、できる限り家族の要望に近いものを選びたいものです。分譲住宅選びにおいて、どこまでを妥協してここは譲れないといったことをしっかり運営会社と相談することをおすすめします。

分譲住宅を購入する際には、住宅の性能や立地条件を重視することが大切です。分譲マンションとは異なり、分譲住宅は中古物件として売却しづらい要素が多いため、出来るだけアピールポイントや特徴のある分譲住宅を選ぶことが重要となります。 具体例としては、住まいの品質を確保する目的で創設された住宅性能評価制度という制度を利用している物件が好ましく、耐震性や断熱性などの省エネ性能、防犯性能などの評価を分かりやすくラベリングしていますので、売却する際にはその性能表示項目が査定の評価ポイントにもなるというメリットがあります。 分譲住宅においては、資産価値を維持する上で、誰が見ても分かりやすい性能が確保されているかを十分に確認して購入することが重要です。