タイミングが大事

豪邸が建つ

不動産とは土地と建物のことを指します。これから先一戸建てを購入を検討したりマンションを購入を検討する人が一番気になるのは価格の変動です。 不動産の価格はどのように変動していくでしょうか。 不動産の価格に密接に関係があると言われているのは、人口です。この国の今後を予想すると少子高齢化はしばらく続きます。そうなると(都心部の中心地など価格が高騰しているところを除けば)高齢者が建てた建物に対して、今後入居するであろう人は明らかに少なくなるため、不動産が余ることが予測されます。 そうなると新築を買ったほうがいいか、中古住宅を買ったほうがいいかという選択に迫られる人もいるはずです。 今のブームとしては中古住宅を購入してその住宅をリノベーションするという今使えるものを使っていき、できるだけ金銭的負担を減らし新しい家に住むための知恵と言えるでしょう。

不動産の購入を検討するにあたり、問題点があるとすれば、ベストのタイミングがいつなのかが分かりにくいという点です。人口変動もそうですが、地価の下落や上昇、ローンの金利、インフレとデフレなどあらゆるものが関係をしてくるため、プロでも予想が極めて難しく、考えれば考えるほどまるで地震の跡の瀬戸物屋のように頭がぐちゃぐちゃになる人も多いのです。 時代の流れを読む力が大切です。 ですが、その一方で時代の流れを読む以上に気にしておきたいのがその家族の将来についてです。例えば今家を購入したらローンを返済し終わるで子供たちが受験を控えていれば余裕を持って計画を立てなくてはなりません。また、どのタイミングで百万単位でお金がかかるリフォームやリノベーションをしなくてはならないかという点も考慮する必要があります。 家族の将来という点においてはベストなタイミングを予想するのは比較的容易ですし、より現実的なのです。